sportsnavi

【NFL2017年第13週】ベアーズと49ersが貴重な1勝をかけて対決

日本時間12月4日(月)、シカゴ・ベアーズが本拠地ソルジャー・フィールドにサンフランシスコ・49ersを迎え、シーズン第13週の一戦に挑んだ。

オープニングドライブをフィールドゴールで締めくくった49ersだが、次の攻撃ドライブで先発したクオーターバック(QB)ジミー・ガロポロのパスがインターセプトされてしまい、ベアーズはこのチャンスを生かしてQBミッチェル・トゥルビスキーが8ヤードパスを通してタッチダウンを決める。49ersは第2クオーター開始後にフィールドゴールで追加点を得たものの、次の攻撃ドライブでパントボールをキャッチしたベアーズのランニングバック(RB)タリク・コーエンがフィールドを駆け回りながら49ers守備陣を翻弄し、味方の援護を受けて集団を抜け出すと一気にエンドゾーンまで走り抜け、61ヤードのリターンタッチダウンを成功させた。49ersがフィールドゴールを返して前半はベアーズが5点をリードして折り返している。

49ersは後半を迎えてもタッチダウンにつながるプレーを組み立てられなかったが、第3クオーターと第4クオーターにそれぞれフィールドゴールを記録して逆転を果たす。49ersが1点差を守り切って15対14でベアーズを下し、白星を手に入れた。

49ersのQBガロポロはパス37回中26回成功、293ヤード、タッチダウンはなく、インターセプトは1回だ。

ベアーズQBトゥルビスキーは15回のパスを投げて12回成功、102ヤード、1タッチダウンだった。

  • おもしろい
    1
  • 感動した
    0
  • 技あり
    0
総視聴回数:2,267回

関連動画

※総視聴回数は2017/12/15に集計されたものです。