sportsnavi

【NFL2017年第11週】3勝6敗同士の対決、連敗を脱するのはベンガルズかブロンコスか

日本時間11月20日(月)、5連敗中のデンバー・ブロンコスがシンシナティ・ベンガルズと本拠地スポーツオーソリティ・フィールド・アット・マイルハイで対戦した。

ブロンコスのクオーターバック(QB)ブロック・オズワイラーのパスをインターセプトして攻撃権を得たベンガルズはQBアンディ・ダルトンが1ヤードパスを通して先制タッチダウン。ただ、エキストラポイントは失敗してしまい、次の攻撃ドライブでタッチダウンを決めたブロンコスが1点をリードする。それでも、直後にダルトンが再びタッチダウンパスを通し、エキストラポイントも成功させたベンガルズが6点差をつけて前半を終えた。

後半はブロンコスがフィールドゴールで追加点を得たものの、ベンガルズのダルトンがこの日3度目となるタッチダウンパスをつなげて再びリードを広げている。オズワイラーからワイドレシーバー(WR)デマリウス・トーマスへの17ヤードパスでタッチダウンしたブロンコスだが、その後は得点できずに試合終了を迎えてしまい、20対17でベンガルズがブロンコスを下した。

ベンガルズQBダルトンは25回のパスを投げて15回成功、154ヤード、3タッチダウン。

ブロンコスQBオズワイラーはパス42回中23回を通して254ヤード、1タッチダウン、1インターセプトだった。

  • おもしろい
    0
  • 感動した
    0
  • 技あり
    0
総視聴回数:1,996回

関連動画

※総視聴回数は2017/12/16に集計されたものです。