sportsnavi

【NFL2017年第11週】今季4勝5敗のレイブンズ、パッカーズを下して勝率5割復帰なるか

日本時間11月20日(月)、プレーオフ進出に向けて勝ち星が必須のボルティモア・レイブンズとグリーンベイ・パッカーズが対戦した。シーズン第11週の一戦はパッカーズの本拠地ランボー・フィールドで行われている。

負傷したエースクオーターバック(QB)アーロン・ロジャースを欠くパッカーズはオープニングドライブで先発QBブレット・ハンドリーがインターセプトされてしまい、レイブンズに攻撃権を譲ったが、レイブンズもうまくボールをつなげられずに得点できない。レイブンズ守備陣は次のドライブでも相手QBハンドリーのパスをインターセプトしてオフェンス陣にバトンを渡し、フィールドゴールで先制を果たした。パッカーズ守備陣も奮闘し、レイブンズQBジョー・フラッコのパスをインターセプトしてチャンスを作ったものの、攻撃陣がその期待に応えられず、前半終了間際にレイブンズにフィールドゴールを許している。

後半、フラッコが21ヤードパスを通してタッチダウンしたレイブンズは第4クオーターにフィールドゴールで追加点を得た後、ランニングバック(RB)アレックス・コリンズが3ヤードを押し込んでパッカーズを突き放す。結局、この日、パッカーズは一度もゴールラインを割れずに無得点となり、レイブンズが23対0でパッカーズを完封した。

レイブンズQBフラッコはパス28回中22回成功、183ヤード、1タッチダウン、1インターセプト。

パッカーズQBハンドリーは36回のパスを投げて21回を通し、239ヤード、タッチダウンはなく、インターセプトは3回食らっている。

  • おもしろい
    0
  • 感動した
    0
  • 技あり
    0
総視聴回数:2,086回

関連動画

※総視聴回数は2017/12/16に集計されたものです。