sportsnavi

【NFL2017年第11週】NFC北地区2位のライオンズと同4位のベアーズが対決

日本時間11月20日(月)、シカゴ・ベアーズが本拠地ソルジャー・フィールドにデトロイト・ライオンズを迎えてシーズン第11週の一戦に臨んだ。

フィールドゴールで先制した後、ベアーズは守備陣がライオンズのクオーターバック(QB)マシュー・スタッフォードをサックして攻撃権を得ると、QBミッチェル・トゥルビスキーからタイトエンド(TE)アダム・シャヒーンに1ヤードパスが通り、ルーキーコンビのホットラインでタッチダウンを挙げる。ただ、トゥルビスキーは次の攻撃ドライブでファンブルを喫してしまい、相手コーナーバック(CB)D.J.ヘイデンにリカバーされ、ボールを手にしたヘイデンが27ヤードのリターンタッチダウンを成功させた。ランニングバック(RB)ジョーダン・ハワードの12ヤードタッチダウンランでリードを広げたベアーズだったが、前半終了までにライオンズに2タッチダウンを決められ、逆転を許している。

後半に入って両陣営とも攻撃陣が足踏みするも、最終クオーターには4点差をつけたライオンズがフィールドゴールで追加点をマーク。何とか追いつきたいベアーズはその直後のドライブでRBタリク・コーエンが15ヤードを走り込んでタッチダウンし、土壇場で試合を振り出しに戻した。しかしながら、ライオンズにフィールドゴールを許してしまい、最後の得点機会にタッチダウンを狙うもボールがうまくつながらず、フィールドゴールで同点に持ち込もうとしたが、キッカー(K)コナー・バースがキックをミスしてしまい、万事休す。27対24でライオンズがベアーズを下している。

ライオンズQBスタッフォードはパス31回中21回を成功させて299ヤード、2タッチダウンをマーク。

ベアーズQBトゥルビスキーは30回のパスを投げて18回成功、179ヤード、1タッチダウンだった。

  • おもしろい
    0
  • 感動した
    0
  • 技あり
    0
総視聴回数:1,770回

関連動画

※総視聴回数は2017/12/12に集計されたものです。