sportsnavi

【NFL2017年第10週】マンデーナイトでドルフィンズとパンサーズが対戦

日本時間11月14日(火)、シーズン第10週マンデーナイトフットボールでマイアミ・ドルフィンズとカロライナ・パンサーズが対戦した。舞台はパンサーズの本拠地バンク・オブ・アメリカ・スタジアムだ。

序盤はパントの応酬が続くもフィールドゴールで先制したパンサーズが第2クオーターにクオーターバック(QB)キャム・ニュートンのパスなどでドルフィンズ陣地に攻め込むと、最後はランニングバック(RB)クリスチャン・マカフリーが4ヤードランでタッチダウンを決める。ただ、ドルフィンズも直後のドライブでテンポよく敵陣に前進し、QBジェイ・カトラーが2ヤードパスを通してタッチダウンを返した。しかし、前半終了間際に攻撃権を得たドルフィンズはカトラーのパスがインターセプトされてしまい、パンサーズがその好機にタッチダウンを成功させてリードを拡大。パンサーズは前半を終えて10点差をつけていた。

後半もパンサーズは勢いを維持し、ニュートンからパスを受け取ったワイドレシーバー(WR)デビン・ファンチェスが相手ディフェンスの間を抜け出し、エンドゾーンに駆け込んで28ヤードのタッチダウン。思うように敵陣に進めないドルフィンズの一方で、パンサーズはさらにタッチダウンを重ねてリードを広げている。ドルフィンズはRBケニア・ドレイクの66ヤードランでタッチダウンを決めたものの、すぐにまたタッチダウンを許してしまい、点差を縮められない。第4クオーターにもパンサーズがQBニュートンからWRファンチェスへのパスでタッチダウンを追加した後、ドルフィンズはカトラーがWRジャービス・ランドリーに9ヤードパスを通してタッチダウンするも、結局、45対21でパンサーズがドルフィンズに快勝した。

パンサーズQBニュートンは35回のパスを投げて21回成功、254ヤード、4タッチダウンの活躍だ。

ドルフィンズQBカトラーはパス37回中22回を通して213ヤード、2タッチダウン、1インターセプトだった。

  • おもしろい
    0
  • 感動した
    0
  • 技あり
    0
総視聴回数:601回

関連動画

※総視聴回数は2017/11/19に集計されたものです。