sportsnavi

【NFL2017年第10週】ビルズがホームでセインツと対戦

日本時間11月13日(月)、シーズン第10週を迎えたバッファロー・ビルズは本拠地ニューエラ・フィールドでニューオーリンズ・セインツと対戦した。

ビルズはオープニングドライブをフィールドゴールで締めくくったが、ディフェンス陣が踏ん張れず、セインツにタッチダウンを許してしまう。しかしながら、次のセインツの攻撃ドライブではその守備陣が好パフォーマンスを発揮し、クオーターバック(QB)ドリュー・ブリーズからパスを受け取ったタイトエンド(TE)ジョシュ・ヒルがボールをファンブルしてしまい、それをビルズがリカバー。ただ、今度は攻撃陣がこれをチャンスにつなげられない。セインツはランニングバック(RB)マーク・イングラムの2度目のタッチダウンで追加点を得ると、フィールドゴールも決めて前半を終了。

後半もセインツ攻撃陣のペースは衰えず、守備陣の援護も含めて第3クオーターだけで3タッチダウンを挙げる。最終クオーターにはフィールドゴールで加点し、RBトレイ・エドモンズの41ヤードランでタッチダウンも追加。ビルズは終盤になってようやくボールがつながるようになり、第4クオーターから出場したQBネイサン・ピーターマンが7ヤードパスを通してタッチダウンを挙げた。しかし、これが最後の得点プレーとなり、47対10でセインツがビルズを下している。

セインツQBブリーズはパス25回を投げて18回成功、184ヤードをマーク。ランでも6ヤード、1タッチダウンを挙げている。

ビルズQBタイロッド・テイラーは18回のパスを投げて9回を通し、58ヤード、1インターセプトだった。ピーターマンはパス10回中7回成功、79ヤード、1タッチダウンだ。

  • おもしろい
    0
  • 感動した
    0
  • 技あり
    0
総視聴回数:1,545回

関連動画

※総視聴回数は2017/11/17に集計されたものです。