sportsnavi

【NFL2017年第8週】連勝中のペイトリオッツとチャージャーズが対戦、4連勝を飾るのは?

日本時間10月30日(月)、3連勝中のニューイングランド・ペイトリオッツが同じく3連勝を成し遂げたロサンゼルス・チャージャーズを本拠地ジレット・スタジアムに迎えてシーズン第8週に臨んだ。

オープニングドライブで敵陣に前進しながらも得点につなげられなかったチャージャーズは次の攻撃ドライブでランニングバック(RB)メルビン・ゴードンが相手ディフェンスを退けながら87ヤードを走りきり、先制のタッチダウンをマーク。しかし、ペイトリオッツのクオーターバック(QB)トム・ブレイディに2ヤードのタッチダウンパスを通された後、ペイトリオッツのパントからチャージャーズのワイドレシーバー(WR)トラビス・ベンジャミンがキャッチするもファブルしてしまい、何とか自分でリカバーしたが、エンドゾーンでタックルを受けてセーフティを献上。ペイトリオッツがさらに2回のフィールドゴールで追加点を挙げ、8点をリードして前半を終えている。

後半に入っても攻撃のリズムを取り戻せないチャージャーズに対し、ペイトリオッツは確実にフィールドゴールで得点を重ね、第4クオーターにはチャージャーズQBフィリップ・リバースに24ヤードのタッチダウンパスを許したが、ダメ押しのフィールドゴールを決めたペイトリオッツが21対13でチャージャーズに勝利した。

ペイトリオッツQBブレイディは47回のパスを投げて32回を通し、333ヤード、1タッチダウンを記録している。

チャージャーズQBリバースはパス30回中17回成功、212ヤード、1タッチダウン、1インターセプトだった。

  • おもしろい
    0
  • 感動した
    0
  • 技あり
    0
総視聴回数:5,437回

関連動画

※総視聴回数は2017/11/21に集計されたものです。