sportsnavi

【NFL2017年第6週】レッドスキンズが本拠地でいまだ白星なしの49ersと対戦

日本時間10月16日(月)、ワシントン・レッドスキンズは本拠地であるフェデックス・フィールドにサンフランシスコ・49ersを迎えてシーズン第6週に挑んだ。

オープニングドライブをタッチダウンで締めくくり、先制を果たしたレッドスキンズはクオーターバック(QB)キーク・カズンズが再びタッチダウンパスを通してリードを築く。さらにフィールドゴールで追加点を得たが、前半終了間際に49ersにタッチダウンを返されてしまった。

後半の出だしは49ersが勢いを維持してフィールドゴールとタッチダウンで得点を重ね、同点に追いついたものの、最終クオーターでフィールドゴールを決めたレッドスキンズはカズンズが自ら7ヤードを押し込んでタッチダウン。エキストラポイントは失敗した。9点差を追う49ersは今季初勝利を目指して終盤に猛チャージをかけるも、タッチダウン1回にとどまり、2点差でレッドスキンズに敗北を喫している。

レッドスキンズQBカズンズは37回のパスを投げて25回成功、330ヤード、2タッチダウン、1インターセプトを記録。

49ersはQBブライアン・ホイヤーがパス11回中4回成功、34ヤード、第2クオーター途中で交代した新人QBのC.J.ビーサードは36回のパスを投げて19回を通し、245ヤード、タッチダウンとインターセプトは1回ずつだった。

  • おもしろい
    0
  • 感動した
    0
  • 技あり
    0
総視聴回数:2,527回

関連動画

※総視聴回数は2017/11/18に集計されたものです。