sportsnavi

【NFL2017年第5週】2勝2敗のレイブンズとレイダースが対戦

日本時間10月9日(月)、本拠地オークランド・コロシアムにボルティモア・レイブンズを迎えたオークランド・レイダースはシーズン第5週の一戦に挑んだ。

オープニングドライブでタッチダウンを決めたレイブンズは続くレイダースの攻撃ドライブでクオーターバック(QB)EJ・マニュエルがタイトエンド(TE)ジャレッド・クックを狙ってパスを投げるも、ファンブルしてしまい、これをレイブンズのコーナーバック(CB)ジミー・スミスがリカバーし、47ヤードを走り切ってタッチダウンを追加。レイダースは何とかフィールドゴールを返すも、第2クオーターで再びレイブンズがタッチダウンでリードを広げる。次のドライブでレイダースはマニュエルが右サイド深くに放ったパスをワイドレシーバー(WR)マイケル・クラブツリーがキャッチして41ヤードタッチダウンに成功。前半終了間際にはレイブンズがフィールドゴールで加点し、14点をリードした。

後半に入るとレイブンズ攻撃陣がやや足止めを食らい、追いかけるレイダースはランニングバック(RB)マーショーン・リンチが3ヤードを押し込んでタッチダウンを決めている。7点差に迫ったレイダースだったが、この後は得点につながるプレーを展開できず、2回のフィールドゴールを追加したレイブンズが最終的に30対17で白星を獲得した。

レイブンズQBジョー・フラッコはパス26回中19回成功、222ヤードをマークしたがタッチダウンはない。

レイダースQBマニュエルはパス26回を投げて13回成功、159ヤード、1タッチダウンを記録している。

  • おもしろい
    0
  • 感動した
    0
  • 技あり
    0
総視聴回数:1,835回

関連動画

※総視聴回数は2017/10/21に集計されたものです。

視聴ランキング

(24時間以内の回数を集計)