sportsnavi

【NFL2017年第4週】シーホークスがコルツを本拠地に迎えて激突

日本時間10月2日(月)、シーズン第4週のサンデーナイトフットボールとなるインディアナポリス・コルツ対シアトル・シーホクスの一戦が行われた。舞台はシアトルにあるセンチュリーリンク・フィールドだ。

試合序盤は両チームとも守備陣が奮闘し、タッチダウンでのスコアがないまま第2クオーターに突入する。コルツはエースクオーターバック(QB)アンドリュー・ラックの代打として先発QBを務めるジャコビー・ブリセットのパスを中心としたオフェンスで前半終了までにタッチダウンを2度成功させ、14対10とリードして後半を迎える。

後半は試合の流れが変わり、第3クオーター序盤にシーホークスがQBラッセル・ウィルソンの23ヤードランで逆転タッチダウンを成功させる。これで完全に勢いに乗ったシーホークス攻撃陣は、ランニングバック(RB)J.D.マキシック、ワイドレシーバー(WR)タイラー・ロケットの活躍で怒涛の4タッチダウンを決め、一気にコルツを引き離す。試合はコルツが反撃できないまま幕を閉じた。攻撃力で完全にコルツを圧倒したシーホークスはこれで今季2勝目だ。

シーホークスQBウィルソンはパス26回中21回成功、295ヤード、2タッチダウン、2インターセプト、キャリー4回、38ヤード、1タッチダウンでチームの勝利に貢献した。

コルツQBブリセットはパス29回中16回成功、157ヤード、1タッチダウン、1インターセプトで試合を終えている。

  • おもしろい
    0
  • 感動した
    0
  • 技あり
    0
総視聴回数:3,903回

関連動画

※総視聴回数は2017/10/21に集計されたものです。

視聴ランキング

(24時間以内の回数を集計)