sportsnavi

【NFL2017年第4週】レイダースとブロンコスが3勝目をかけて激突

日本時間10月2日(月)、デンバー・ブロンコスが本拠地スポーツオーソリティ・フィールド・アット・マイルハイにオークランド・レイダースを迎えてシーズン第4週に挑んだ。

開始直後はブロンコスの攻撃陣が波に乗り、タッチダウンとフィールドゴールで10点を獲得したが、第2クオーターに入ると流れが変わり、クオーターバック(QB)デレック・カーが右サイド深めに放ったパスをワイドレシーバー(WR)ジョニー・ホルトンがキャッチし、タッチダウンを成功させる。

3点リードで後半を迎えたブロンコスは2回のフィールドゴールで点差を広げ、守備陣もレイダースの攻撃を防ぎ続けた。第4クオーターにフィールドゴールを返されはしたものの、16対10でブロンコスがレイダースを打ち負かし、今季3勝目を手に入れている。

ブロンコスQBトレバー・シーミアンはパス26回中16回成功、179ヤード、1タッチダウンを記録。

レイダースQBカーは背中を痛めて途中退場するまでにパス18回を投げて10回成功、143ヤード、1タッチダウンをマークしている。代わって出場したEJ・マニュエルは17回のパス中11回を通し、106ヤード、1インターセプトだった。

  • おもしろい
    0
  • 感動した
    0
  • 技あり
    0
総視聴回数:3,974回

関連動画

※総視聴回数は2017/12/16に集計されたものです。