sportsnavi

【NFL2017年第3週】49ersがホームでラムズと対戦

日本時間9月22日(金)、シーズン第3週サーズデーナイトゲームでサンフランシスコ・49ersが本拠地のリーバイス・スタジアムに地区ライバルのロサンゼルス・ラムズを迎えた。

ラムズは試合最初のプレーで49ersのクオーターバック(QB)ブライアン・ホイヤーのパスをインターセプトし、試合開始12秒でに先制タッチダウンを決める。49ersも直後のプレーでタッチダウンを決めて試合を振り出しに戻すも、その後はディフェンス陣がラムズのランニングバック(RB)トッド・ガーリーとQBジャレッド・ゴフが繰り出す攻撃を止めることができず、24対13とリードを許したまま前半を折り返した。

後半に突入し、RBカルロス・ハイドのタッチダウンランなどで反撃の兆しを見せた49ersだったが、守備陣が踏ん張れず、ラムズに得点を許し、第4クオーター中盤には点差が15に開いてしまう。しかし、49ersも意地を見せ、QBホイヤーからワイドレシーバー(WR)トレント・テイラーにタッチダウンパスを通すと、直後のキックリターンでもラムズのリターナーであるWRファロー・クーパーがファンブルしたボールをリカバー。勢いをつかんだ49ersはRBハイドが再びタッチダウンを決めて一気に2点差に迫ったが、2ポイントコンバージョンに失敗。最終的にリードを守りきったラムズが今季2勝目を手にしている。

ラムズQBゴフはパス28回中22回成功、292ヤード、3タッチダウンを記録。RBガーリーもキャリー28回113ヤード、2タッチダウンに加え、レシーブ5回、36ヤード、1タッチダウンと素晴らしい活躍を披露した。

49ersのQBホイヤーはパス37回中23回成功、332ヤード、2タッチダウンで試合を終えている。

  • おもしろい
    0
  • 感動した
    0
  • 技あり
    0
総視聴回数:5,304回

関連動画

※総視聴回数は2017/12/11に集計されたものです。