sportsnavi

【NFL2017年第2週】ベアーズとの今季初戦に挑んだバッカニアーズ

日本時間9月18日(月)、タンパベイ・バッカニアーズが本拠地レイモンド・ジェームス・スタジアムにシカゴ・ベアーズを迎えてシーズン第2週に臨んだ。ハリケーンの影響で第1週が事実上の“バイウイーク”となったバッカニアーズにとってはこれがシーズン初戦だ。

ようやく今季レギュラーシーズンの開幕となったバッカニアーズは1週遅れたうっぷんを晴らすかのように、フィールドゴールで先制した後、第1クオーター終了間際にはクオーターバック(QB)ジェイミス・ウィンストンが13ヤードパスを通してタッチダウンを挙げる。

第2クオーターも勢いは止まらず。ランニングバック(RB)ジャクイズ・ロジャースが1ヤードを押し込んだ後、ベアーズQBマイク・グレノンがワイドレシーバー(WR)ジョシュ・ベラミーに放ったパスをコーナーバック(CB)ロバート・マクレインがインターセプトし、47ヤードを駆け抜けてタッチダウンを奪った。前半が終わる直前には再びフィールドゴールを決めており、ベアーズ攻撃陣を無得点に押さえ込んだまま、26点のリードを持って後半に突入する。

ハーフタイム後、ややリズムを失った様子のバッカニアーズだが、守備陣が踏ん張ってベアーズ攻撃陣に得点を許さず、最終クオーターでタッチダウンを与えてしまったが、フィールドゴールを追加し、最終的には29対7でバッカニアーズが白星を手に入れた。

バッカニアーズQBウィンストンはパス30回中18回成功、204ヤード、1タッチダウンを記録。

ベアーズQBグレノンは45回のパスを投げて31回を通し、301ヤード、1タッチダウンの活躍だったが、インターセプトを2度食らっている。

  • おもしろい
    0
  • 感動した
    0
  • 技あり
    0
総視聴回数:2,142回

関連動画

※総視聴回数は2017/12/14に集計されたものです。