sportsnavi

【NFL2017年第1週】ホームにシーホークスを迎えて初戦に挑んだパッカーズ

日本時間9月11日(月)、グリーンベイ・パッカーズは本拠地ランボー・フィールドにシアトル・シーホークスを迎えてシーズン初戦に挑んだ。

序盤は互いに攻撃のリズムをつかみきれず、シーホークスが前半終了間際にフィールドを決めて先制。後半になってパッカーズ攻撃陣が本調子を発揮し、ランニングバック(RB)タイ・モンゴメリーが6ヤードを押し込んでタッチダウンした後、シーホークスにフィールドゴールを返されるも、クオーターバック(QB)アーロン・ロジャースがワイドレシーバー(WR)ジョーディ・ネルソンに32ヤードパスを通してタッチダウンを決めた。

最終クオーターはパッカーズのキッカー(K)メイソン・クロスビーが40ヤード、シーホークスKブレア・ウォルシュが41ヤードのフィールドゴールをそれぞれ決めて、最終的に17対9でパッカーズがシーホークスを下している。

  • おもしろい
    0
  • 感動した
    0
  • 技あり
    1
視聴回数:6,899回

※視聴回数は2018/6/22に集計されたものです。

関連動画