sportsnavi

「3年ぶり新作はエアーズロック型フェース」アキラ ADR ドライバー

【ミーやん】アキラのADRシリーズから3年ぶりの新作となるドライバーが登場しました。一般的なプレス製法で作られる山型フェースではなく、専用成形ドリルを使った「エアーズロック型フェース」を採用しているのが特徴です。

【ツルさん】ルール適合モデルですが、肉厚部と薄肉部の差をはっきりと作り出すことで、より大きなトランポリン効果が得られるとのことです。クラウンがマットブラックに塗装された460ccのヘッドは、シャローフェースで扁平感があり、大きく見えます。

【ミーやん】構えてヘッドを見下ろすと、バルジ(フェースの横方向の丸み)が大きいのが分かります。ほんの少しフックフェースなんですが、このバルジのトップラインがきれいに見えて、フェースを目標に向けて合わせやすいです。

【ツルさん】打ってみると、まず打音にビックリしました。「カーン」と「パーン」の中間ぐらいの大きな打音です。飛んでいる雰囲気はありますが、ちょっとうるさいですね…。

  • おもしろい
    0
  • 感動した
    0
  • 技あり
    1
総視聴回数:1,114回

関連動画

※総視聴回数は2017/9/22に集計されたものです。