sportsnavi

左足上がり・下がりをUTで乗り切る方法 加賀其真美

【アマチュアゴルファーCさんの悩み】
「左足上がりや左足下がりの傾斜が大の苦手です。セカンド地点でこのようなライになると、(グリーンを狙わず)刻む選択しかありません。少し距離がある場所からでも、番手を下げずにグリーンまで運ぶ打ち方を教えてください」

【加賀其真美のレスキュー回答】
今回は残り160から170ydの左足上がり・下がりから、ユーティリティ(以下、UT)を使った打ち方をお教えします。UTを使う理由は、弾道がフェアウェイウッドより低く、ミドルアイアンより距離が出せるため、このくらいの距離でも狙い打てるからです。

左足上がりは、右足に多くの体重が乗り、左サイドへ体重移動しにくい状況です。左側が高くなっている状況では、フォローでヘッドを真っすぐ出しにくく、引っかけて左へミスするというケースが多くなります。スタンス幅は、通常より一足分狭くし、なるべくスムーズにヘッドが抜けるようにアドレスしてみてください。

  • おもしろい
    0
  • 感動した
    0
  • 技あり
    1
総視聴回数:9,798回

関連動画

※総視聴回数は2017/11/18に集計されたものです。