sportsnavi

勝手に球がつかまる腕の使い方【サイエンスフィット】

球をつかまえようとしなくても、勝手につかまるのが理想です。そして、小手先で球をつかまえようとしている限り、その意に反して、どんどんつかまらなくなってきます。あるいは時折、つかまり過ぎてフックもします。右へ左へ大きく散るのは、タイミングが合っていないせいだと思い込むと、好不調の差が激しい、茨の道が待っています。どれだけ練習に励んでも、そこに気づかない限りは、徒労に終わり、球はいつまで経ってもつかまってくれません。

視聴回数:42,547回

※視聴回数は2018/12/16に集計されたものです。

関連動画