sportsnavi

ロジャースが勝負どころのバーディパットを決めた!

PGAツアー第36戦 ジョンディア・クラシック/イリノイ州 TPCディアラン

パトリック・ロジャースは前半9ホールで首位から陥落したが、バックナインに入ると息を吹き返した。10番パー5と12番パー3でバーディを奪うと、13番パー4では約8.5メートルのバーディパットを沈め、通算18アンダー単独首位に浮上した。

  • おもしろい
    0
  • 感動した
    0
  • 技あり
    0
視聴回数:1,221回

※視聴回数は2018/7/22に集計されたものです。

関連動画