IDでもっと便利に新規取得

ログイン

先制得点後追いつかれたが、そこから更に突き放す!?一打で流れを引き戻した!!

10/24(土)に開催となった日本女子ソフトボールリーグ第10節草津大会1日目のビックカメラ高崎の対戦相手は、日本精工戦!!

1回に先制得点をするも、2回には同点に戻されたがその裏の攻撃で、背番号26番 市口侑果選手 のソロホームランの一打で流れを変えた!!
その後も4回の攻撃ではタイムリー,5回の攻撃では背番号21番 山内早織選手がソロホームランを放つなど追いつかせないという意思が伝わるような打線でした。

守備でも先発濱村ゆかり投手⇒勝股美咲投手⇒上野由岐子投手⇒櫻井彩夏投手と見事な継投により日本精工打線を抑えました。

結果は、ビックカメラ高崎 6-2 日本精工 にて勝利しました!!

一打で流れを変えた背番号26番市口侑果選手と今シーズン初登板した背番号19番櫻井彩夏投手にインタビュー!!

ご覧ください。

視聴回数:484,586回

※視聴回数は2020/12/2に集計されたものです。

関連動画

視聴ランキング

24時間以内の回数を集計