IDでもっと便利に新規取得

ログイン

野球界の都市伝説「乱闘のタブーな裏側」巨人史上最恐乱闘事件の舞台裏【キヨシの超本音解説】

最近では少なくなったプロ野球の乱闘騒ぎ。中畑清が現役、コーチ時代はシーズンに何度も乱闘が勃発していた。特に1993年から1994年にかけての巨人とヤクルトは一触即発の状態が続き異常な緊張状態の中で試合が行われていた。

長嶋巨人に野村ヤクルト。カリスマ監督が指揮を執り覇権を争う両チームの戦いにはケンカ上等の殺気立った雰囲気がいつも流れていた。その中で訪れた1994年6月の富山事件。5月下旬にデーブ大久保選手が高津投手から死球を受け左手首を骨折した場面からくすぶり続けた火種がついに爆発する事に。

世紀の大乱闘事件の一部始終を中畑清が初告白。事前に決められた役割に誰を抑えるかの担当制など乱闘にまつわる知られざるタブーな真実が明らかになる。

【追跡LIVE!SPORTSウォッチャー】
テレビ東京:月~金曜夜11時58分/土曜夜11時/日曜夜10時54分、
BSテレ東:土曜深夜1時/日曜深夜1時45分

Twitter:https://twitter.com/TVTOKYO_sports
Instagram:https://www.instagram.com/sportswatcher/
Facebook:https://www.facebook.com/tx.sportswatcher

【テレビ東京スポーツ】
卓球、ソフトボール、競馬、野球、サッカー などメジャー・マイナー競技のスポーツ情報を発信。テレビ東京 独自の取材、現役選手・監督の貴重なインタビューなども随時掲載。

▼チャンネル登録よろしくお願いします▼
https://www.youtube.com/tvtokyo_sports

視聴回数:700,913回

※視聴回数は2020/10/23に集計されたものです。

関連動画