IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【仙台育英 入江大樹】直撃インタビュー|2020ドラフト候補リポート

身長185センチ83キロの大型ショート仙台育英・入江大樹選手。憧れの選手は巨人の坂本選手とソフトバンクの柳田選手。

ミットと捕手道具を手に全国のドラフト候補を取材して20年以上。実際にブルペンでボールを受けさせてもらうという数多いる記者の中でもたった1人の手法で取材を重ねてきた革命児・流しのブルペン捕手安倍昌彦(65)が今回はキャッチャー目線で仙台育英・入江大樹選手の「打撃」を分析。長い腕とバットの長さを生かしたローボール・ヒッティングと、豪快なスイングが産み出す長打打力に迫る。

視聴回数:708,920回

※視聴回数は2020/10/22に集計されたものです。

関連動画