IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【巨人】4番 岡本和真、値千金の勝越し9号2ランホームランで6連勝「ずっと打ててなかったので最後に打ててよかった」<7月19日 DeNA 対 巨人>

<7月19日 DeNA 3-5 巨人 @横浜スタジアム>
5連勝中と勢いが止まらない首位・巨人。
対するDeNAは、元巨人で、現在防御率トップの平良拳太郎(25)が先発のマウンドに上がった。

1点を先制された巨人は3回、今シーズン初めてファーストでスタメン出場のベテラン亀井善行(37)が1号2ランホームランを放ち、逆転に成功する。

援護をもらった巨人先発の桜井俊貴(26)はその裏、DeNA・ソト(31)にレフトスタンドへホームラン、と思われたがこれに「ファウルではないか」と原監督がビデオ判定をリクエスト。この微妙な打球は、ファウルの判定となった。
ホッと胸を撫でおろした桜井が仕切り直して投じた一球、ソトにまさかの“打ち直し”第7号ソロが飛び出し、巨人は同点に追いつかれる。

その後、勝ち越しを許した巨人は、この3連戦中ヒットなしの岡本和真(24)が打席に立つも、ここでも一本は出ず、巨人は平良に6回2失点に抑えられる。

巨人1点ビハインドの9回、今季2回目のベンチスタートで途中出場した坂本勇人(31)。DeNAのマウンドは守護神の山崎康晃(27)。
坂本が意地の内野安打で塁に出ると、その後代走の増田大輝(26)が盗塁で2塁に進み、打席には3番・丸佳浩(31)。丸の内野安打の間に増田が一気にホームベースへ、ヘッドスライディング。この際どいクロスプレーに、セーフの判定。

土壇場で同点に追いついた巨人が山崎をマウンドから引きずり下ろす。

首位巨人はこれだけで終わらなかった。
続く4番・岡本がリーグトップタイとなる値千金の勝ち越し9号2ランを放つ。試合後、勝ち越しホームランを放った岡本は、「ずっと打ててなかったので最後に打ててよかったと」と引き締まった表情を見せた。

巨人がこれぞ王者という逆転劇を見せ、6連勝となった。

【追跡LIVE!SPORTSウォッチャー】
テレビ東京:月~金曜夜11時58分/土曜夜10時30分/日曜夜10時54分、
BSテレ東:土曜深夜1時/日曜深夜1時45分

Twitter:https://twitter.com/TVTOKYO_sports
Instagram:https://www.instagram.com/sportswatcher/
Facebook:https://www.facebook.com/tx.sportswat...

【テレビ東京スポーツ】
卓球、ソフトボール、競馬、野球、サッカー などメジャー・マイナー競技のスポーツ情報を発信。テレビ東京 独自の取材、現役選手・監督の貴重なインタビューなども随時掲載。

▼チャンネル登録よろしくお願いします▼
https://www.youtube.com/tvtokyo_sports

視聴回数:1,525,609回

※視聴回数は2020/8/7に集計されたものです。

関連動画