IDでもっと便利に新規取得

ログイン

J SPORTSニュース~新型コロナウイルス影響まとめ~7月10日

#新型コロナウイルス の影響で中止や延期となっている

#国内外のスポーツイベントの情報 をまとめてお伝えします。


◆今週の主な動き
10月の開幕を目指していたバドミントンの国内リーグ戦、S/Jリーグ2020でしたが、今シーズンの開催中止が発表されました。

クライミングワールドカップは8月21、22日開催予定のフランス、ブリアンソンから再開予定です。


◆野球
開幕を延期していた日本プロ野球は既に開幕しています。

また、アメリカ・メジャーリーグは現地7月23日の開幕に向け各チーム、サマートレーニングを開始しています。

3月に中止された第92回センバツ高校野球大会の代替試合として2020年甲子園高校野球交流試合が8月に甲子園で開催されることが発表されています。

9月30日開幕予定だったWBSCU23ワールドカップですが、2021年9月24日に開幕延期と発表されました。


◆サッカー
高円宮杯JFA U-18サッカープレミアリーグは中止が発表されています。
なお中止に伴い2020年限定で、新たな合同リーグ創設の準備を初めています。

一方、欧州の主要リーグは5月16日に再開したドイツ・ブンデスリーガに続いてスペイン、ラリーガ。イングランド、プレミアリーグ、そしてイタリア、セリエAも再開しました。

また、UEFAチャンピオンズリーグ、UEFAヨーロッパリーグもそれぞれ8月の再開が発表されました


◆ラグビー
6月13日からニュージーランドでスーパーラグビー、アオテアロアが毎節2試合開催されています。
オーストラリアでも7月3日から再開されています。

6月から7月にかけて予定されていた日本代表テストマッチは中止。
高校ラグビーは7月のアシックスカップが中止。
9月に予定されていた中学ラグビーの太陽生命カップも中止が決まりました。


◆サイクルロードレース
アジア最大のワンデーレース、「ジャパンカップ」も新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止となりました。


◆モータースポーツ
国内最大のレース、スーパージーティーは当面無観客で開催、今年は富士スピードウェイで4回、鈴鹿サーキットと、ツインリンクもてぎで2回づつ行われる形となりました。

その他国内では、スーパーフォーミュラがスケジュールを発表。
鈴鹿での2連戦含めた6つのサーキットでの開催となりました。
また、ピレリ スーパー耐久シリーズは富士スーパーテック24時間レースで開幕、全6大会での開催となりました。

トヨタガズーレシングに続いて、コンドウレーシングとスバルチームがニュルブルクリンク24時間レースへの参戦を見送りを発表。
2021年の参戦復帰を目指します。

WRC世界ラリー選手権の再開のカレンダーが発表されました。
9月のラリー・エストニアから再開。
注目のラリー・ジャパンも予定通り開催予定です。


◆卓球
ITTFは、延期となっていたジャパンオープンについて、日本への渡航制限が続いているため中止を決定しました。


◆フィギュアスケート
9月16日から9月19日にかけて開催予定だったISUジュニアグランプリシリーズ横浜大会の中止が発表されています。


◆ゴルフ
米国男子ツアーの「ザ・メモリアルトーナメント」が無観客での開催を発表しました。

米国女子ツアーは全英女子オープンが、当初予定通り8月20から23日に、スコットランド・ロイヤルトルーンGCで開催することが発表されました。


J SPORTS公式サイト
https://www.jsports.co.jp/

視聴回数:320,793回

※視聴回数は2020/10/24に集計されたものです。

関連動画