IDでもっと便利に新規取得

ログイン

アテネ金・野口みずきが太鼓判!日本女子マラソン界復活のカギを握るランナーの資質を語る!

東京オリンピックで復活が期待される女子マラソン界。

名古屋ウィメンズマラソンではワコールの一山麻緒選手(22)が2時間20分29分の好タイムで優勝。東京オリンピック女子マラソン、最後の一枠を手繰り寄せました。

※この動画の取材は名古屋ウィメンズマラソン開催前に行いました。

3大会ぶりのメダルへーー

アテネオリンピック・金メダリスト野口みずきは大阪国際女子マラソンで優勝した松田瑞生選手の姿勢に復活のカギを握ると語ります。

「走った距離は裏切らない」
野口みずきも現役の頃に練習で1カ月に走った距離は1,300km超えると言います。マラソングランドチャンピオンシップの敗戦を経て、1カ月1,300kmを超える練習を積んできた松田瑞生。大阪国際女子マラソンで優勝できたのは、その練習量です。コツコツ練習を積み重ね、距離を走ったことが自分の自信につながったのです。

「世界を見据えた走り」
松田瑞生は大阪国際女子マラソンで外国人選手、ペースメーカーの前に出て、積極的にレースを作りました。自分からガンガンレースを引っ張っていく姿勢こそが世界で戦える姿勢だと野口みずきは語ります。

<記事はコチラ>
https://2020.yahoo.co.jp/minnano2020/yahoo/75

視聴回数:1,383,545回

※視聴回数は2020/4/1に集計されたものです。

関連動画