IDでもっと便利に新規取得

ログイン

飛ばしの『ワクチンコンポGR351』知らないうちに捉まって飛ぶシャフトを坂本プロが検証

グラビティーの『ワクチンコンポ』シリーズといえば、飛ばしの『ワクチン』として多くのゴルファーにさらなる飛距離を提供してきた。

シニア、レディースからアスリートゴルファーまで幅広いラインナップが特徴。構造的にもダブルカウンター設計(振り子重量配分設計)をはじめ様々なテクノロジーでゴルファーの飛距離をサポートしてきた。

そして10年目となる今年、その集大成として発売されるのが、『ワクチンコンポ GR351』。ボロン素材を採用したダブルカウンター設計に加え、チップ側のパラレル長を通常の60cmから120cmに延伸。それによって先端の強烈な撓りと撓り戻りを実現。超先調子で、スライサーが夢のドローヒッターへの転身に寄与してくれる。

今回は人気YouTuberである坂本龍南プロが試打、その性能を紐解いていく。アシスタントはGEW吉村が務めた。

視聴回数:147,100回

※視聴回数は2020/9/28に集計されたものです。

関連動画