IDでもっと便利に新規取得

ログイン

明治安田生命J1リーグ【第34節】大分vsC大阪 ハイライト

明治安田生命J1リーグ第34節 大分トリニータ vs セレッソ大阪のハイライト。

先制したのはアウェイのC大阪。前半29分、ペナルティエリア手前でFKを獲得すると、キッカーのソウザが右足でシュートを放つ。ボールは鮮やかな軌道を描いてゴール右上に吸い込まれ、先制に成功する。

C大阪は後半9分に追加点を獲得する。敵陣中央でFKを獲得すると、キッカーのソウザは右サイドに展開。この流れからソウザが、ペナルティエリア手前から浮き球のパスを送る。これをペナルティエリア右の松田陸が頭で中央へ折り返すと、ゴール前の柿谷曜一朗が落とし、それを最後は奥埜博亮が押し込んでネットを揺らし、リードを広げる。

試合はそのまま0-2で終了となり、C大阪が敵地でのリーグ最終戦を勝利した。

試合詳細:https://soccer.yahoo.co.jp/jleague/game/2019120709

視聴回数:54,209回

※視聴回数は2020/7/9に集計されたものです。

関連動画

新着動画

映像提供
DAZN™

視聴ランキング

24時間以内の回数を集計