IDでもっと便利に新規取得

ログイン

明治安田生命J1リーグ【第34節】札幌vs川崎F ハイライト

明治安田生命J1リーグ第34節 北海道コンサドーレ札幌 vs 川崎フロンターレのハイライト。

先制したのはアウェイの川崎F。前半1分、田中碧のスルーパスに反応して抜け出した脇坂泰斗が、ペナルティエリア右から折り返し。すると、反応した小林悠がゴール正面から右足で合わせてゴールに流し込み、待望の先制点を奪取する。

川崎Fは前半13分に追加点を獲得する。左サイドの敵陣中央でFKを獲得。キッカーの脇坂泰斗はGKク・ソンユンの位置を確認すると、直接狙ったシュートを放つ。これがゴール左下のネットへ吸い込まれ、リードを広げる。

1点を追うホームの札幌は前半34分にルーカス・フェルナンデスのゴールで1点差に詰め寄るも、その後はスコアは動かず。試合は1-2で終了し、川崎Fがリーグ最終戦を白星で飾った。

試合詳細:https://soccer.yahoo.co.jp/jleague/game/2019120701

視聴回数:50,985回

※視聴回数は2020/2/18に集計されたものです。

関連動画

新着動画

映像提供
DAZN™

視聴ランキング

24時間以内の回数を集計