IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【女子ソフト】「20個三振でも一人が誰か仕留めてくれたら…」決勝の舞台で上野由岐子と対峙した鈴木監督が語る凄み

「決勝戦ですので、投手戦という形になったわけですけど向こうも日本を代表するエースの上野ですから、なかなか突破口が切り拓けなくて点が入らなかった。」

「上野投手が投げてくるのは約2年ぶりくらい。
なかなかHondaに登板機会がなかったんですけど
やっぱり日本を代表するエースなのでピッチングが素晴らしかった。うちもなかなか打てなかったですけど良い経験をさせてもらった。」


第52回日本女子ソフトボールリーグ1部決勝トーナメント 決勝戦

トヨタ自動車との熱戦を制したビックカメラ高崎と初優勝を狙うHonda revertaが決勝の舞台で再度激突。


前日の決勝トーナメント初日では出場のなかった上野由岐子は準決勝に続き連投。最多勝左腕のジェイリン・フォードとの投げ合いは戦前の予想どおり引き締まった投手戦となり0-0のまま終盤へ。

均衡が破れたのは6回。市口侑果・森さやかでチャンスをつくると、日本の主砲 山本優の打球がセカンドのフィルダースチョイスを誘い、欲しかった先制点を奪うと、最後は上野由岐子が圧巻の投球。Honda revertaを4安打に抑え、12奪三振を奪う力投で2年ぶりの王座奪還となった。

ビックカメラは2年ぶり3度目の優勝。


▼日本女子ソフトボールリーグ(JSL)
https://jsl-women.com/

▼公式Twitter
https://twitter.com/jsl_women

視聴回数:118回

※視聴回数は2020/10/19に集計されたものです。

関連動画