IDでもっと便利に新規取得

ログイン

セールGP マルセイユ大会 シーズン1最終戦 ハイライト

セーリング競技に革命を起こすハイスピード、ハイパフォーマンスのヨ ットレース「SailGP(セールジーピー)」最終戦が9月20〜22日、フランスのマルセイユで行われました。
大会初日。第 1 レース。日本は得意のスリングショットでスタートダッシュを決めると、上手く風をつかみ危 なげなくトップフィニッシュします。しかしライバルのオーストラリアもピタリと後ろにつけ 2 位。 大会初日の最初のレースから火花散る接戦が繰り広げられました。
このレース中、アメリカのダガーボードに不具合が発生します。次のレースまでに修復を試みます が間に合わず、第 2 レースは棄権となりました。5 艇でスタートした第 2 レース。日本はスタートで少し出遅れ、その後コース選択でミスをしたこ とで、中盤大きく順位を落としてしまいます。結局、このレースは 4 位。総合首位のオーストラリ アが 1 位でフィニッシュしリードをじわりと広げました。アメリカが復帰し 6 チーム揃った第 3 レースは、日本とオーストラリアが互いに相手をマークする 緊迫した展開となりました。トップスピードでスタートラインを切る 2 チーム。航路権のある内側 に位置した日本が僅かにリードし風下マークへと向かいます。続く風上に向かうレグでオーストラ リアに逆転をされてしまいますが、第 3 マーク回航で再逆転に成功。その後はオーストラリアをき っちりカバーする走りで 1 位フィニッシュ。日本はこの日 2 勝目をあげました。
大会2日目。第 4 レース。フランス、中国に続いて 3 番手でスタートした日本は、風上に 向かう上りのレグで完璧なフォイリングタックを決めトップに躍り出ます。しかしレース海面は場 所によって風の強さが違う難しいコンディションで、順位はめまぐるしく変わります。レース終盤、 良い風をつかんだのはオーストラリアです。日本がタックでもたついている間に逆転に成功し 1 位 でフィニッシュ。日本は悔しい逆転負けで 2 位でした。続く第 5 レースでも日本 は悪くないスタートを切ります。スキッパー、ネイサン・アウタリッジのスタートテクニックはピカ イチです。風はレース中盤から徐々に落ち、陸側の海面を選択したチームは順位を大きく落としま す。このレース、中国がシーズンとおして初めてのトップフィニッシュ。2 位はオーストラリア、 日本は 3 位でした。第 6 レースは序盤、オーストラリアと日本が接近戦を繰り広げますが、途中で風がなく なり風向も 20 度変わってしまいコースが短縮に。最初にフィニッシュラインを切ったのは、辛抱 強く走り続けてリードを保った日本でした。
最終日。優勝賞金 100 万米ドルをかけた決勝のマッチレース、ネイサン・アウタリッジが舵を握る日本チーム はトム・スリングスビー率いるオーストラリアチームに終盤で逆転を許し、僅差で初代チャンピオン の座を逃しました。
ライバル対決はスタート前から手に汗握る展開となりました。スターティングボックスへのエント リーが早すぎたオーストラリアは、スタート前にペナルティーを受けてしまいます。序盤でリード を奪った日本は有利にレースを展開しますが、終盤に差し掛かった風下マークへのアプローチでド ラマが起きました。風下側に位置する日本は航路権を施行してオーストラリアにさらなるダメージ を与えようとします。しかし、日本のラフィングをスピードに勝るオーストラリアがするりとかわ し日本に先行してフィニッシュラインを切りました。
オーストラリアチームは総合優勝し、優勝トロフィーと 100 万米ドルを手に入れ歓喜に沸きました。

視聴回数:27回

※視聴回数は2020/3/31に集計されたものです。

関連動画