【花キューピットオープン2019 優勝】日比野菜緒 試合後インタビュー 9/15<女子テニス>

◆花キューピットジャパンウイメンズオープンテニスチャンピオンシップスシングルス 決勝

22年ぶり、史上二度目となる日本人選手同士の決勝を制したのは日比野菜緒。花キューピットオープン初の日本人による大会制覇を果たす。

誰もが切望した日本人選手によるWTAツアーの頂上決戦。試合前からダブルスでペアを組む二人のコート上での一挙手一投足に注目が集まった試合は序盤にいきなり動いた。

第一セット、2ゲームに土居がブレイクすると3ゲームにすぐさまブレイクバック。しかし4ゲームに土居がまたもやブレイクを奪うと圧巻はここから。日比野が3つのブレークを含む5ゲーム連取でこのセットを取る。

続く第二セットも日比野の勢いは止まらず。立ち上がり一気に4ゲーム連取するも土居が意地を見せ5ゲームをブレイク、6ゲームをキープすると流れが傾く空気も漂った。しかし、この悪い流れを7ゲームのキープによって断ち切った日比野は、8ゲームをブレイクし試合終了。日本人選手としてはじめて花キューピットオープンを制した。

大会期間中、ダブルスの試合終了後にパートナーである日比野について「勢いづいた日比野は本当に凄い」と語った土居だったが、この決勝戦はまさにその勢いを自らが受ける形となった。

どちらがポイントをとっても盛大な拍手と大きな声援が届けられた広島広域公園センターコート。試合が終わるとすぐさま二人の共闘と満面の笑顔を望むファンの視線がやけに温かかったように感じたのは、強い日差しのせいではなかった気がする。

そしてそれに呼応するかのように全力でファンサービスをする日比野と、コートサイドに彩られた赤いゼラニウムがどうしても重なる。

『君ありて幸福』・・・どうやらゼラニウムの花言葉のようだ。日比野の笑顔が会場を幸せな空気に包んでくれた。


9月15日(日)実施、シングルス決勝終了後のインタビュー。


・試合を振り返って
・ダブルス決勝への意気込み



▼花キューピットオープン2019 詳細はコチラから
https://www.jta-tennis.or.jp/jwo/tabid/549/Default.aspx

大会期間:[本戦] 2019年9月9日(月)~15日(日)

視聴回数:2,370回

※視聴回数は2020/1/22に集計されたものです。

関連動画