【花キューピットオープン2019】ベロニカ・クデルメトワ 準々決勝終了後インタビュー 9/13<女子テニス>

◆花キューピットジャパンウイメンズオープンテニスチャンピオンシップスシングルス準々決勝

第8シードのシグムント《世界ランク90位》との試合にフルセットの末、勝利。


二回戦でマクヘール(アメリカ)にストレート勝ち
すると、この日はシグムントとの一戦。

第一セットはサービスゲームをきっちりキープし、6ゲームにブレイクを奪い、6-3。続く第二セットは9ゲームまでお互いにキープ合戦が続き痺れる展開となったが、シグムントが10ゲームにブレイクし、試合はファイナルセットへ。

流れはシグムントに傾くかと思われたファイナルセットだったがサービスゲームをすべてキープし、3・7ゲームにきっちりブレイクを奪い、クデルメトワの勝負強さを見せつけた。

14日の準決勝はダブルスでも決勝進出を決めている土居美咲との対戦に。既に第一シードとして大会に参加した謝淑薇が日比野に敗れ 大会を去ることになった花キューピットオープン。クデルメトワがシード選手としての意地を見せるか。



9月13日(金)実施、準々決勝終了後のインタビュー。

・試合を振り返って
・次戦への意気込みとメッセージ



▼花キューピットオープン2019 詳細はコチラから
https://www.jta-tennis.or.jp/jwo/tabid/549/Default.aspx

大会期間:[本戦] 2019年9月9日(月)~15日(日)

視聴回数:323回

※視聴回数は2020/1/27に集計されたものです。

関連動画