IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ツアープロの要望を反映『アーティザンウエッジ』タイガーのクラブを削った男が造るウエッジ

世界のトッププレーヤーが全幅の信頼を寄せる元ナイキの研磨師マイク・テーラー。そのマイク・テーラーがトッププロ達のリクエストを形にしたのが『ARTISAN(アーティザン)ウエッジ』。

『ARTISAN ウエッジ』は、ツアーからのフィードバックで考案された5つのソールと8つのロフト角から組み合わされた17スペックで構成。ツアーカスタムレベルのデザインによる性能をすべてのゴルファーに体感してもらえるモデルだ。基本的な形状はディアドロップ形状だが、5種類のソールは、

S = スタンダードソール/トゥ側にエッジを残したスタンダード
DS = デュアルソール/トゥ・ヒールを落としたハイバウンス
R = ラウンドソール/日本のアスリートの使用実績あり
SB = スクエアーベベル/超一流アスリートの形状
WS = ワイドソール/ソール幅が広くスタンダードなバウンス角

ソール形状は特長のひとつだが、ホーゼルにインナーウエイト(ステンレス3.3g、タングステン7g)を挿入することが可能で、多様なゴルファーのリクエストに応じてバランスを調整できる。

ツアープロのリクエストから生み出された『ARTISAN ウエッジ』の実力は?豊富な試打経験を持つギアの賢者・ソクラテス永井延宏プロに検証してもらう。

試打クラブ:S/58度、DS/58度、R/58度、SB/56度、WS/56度

視聴回数:2,606,319回

※視聴回数は2020/10/28に集計されたものです。

関連動画