IDでもっと便利に新規取得

ログイン

明治安田生命J1リーグ【第18節】清水vs神戸 ハイライト

明治安田生命J1リーグ第18節 清水エスパルス vs ヴィッセル神戸のハイライト。

先制したのはホームの清水。前半26分、自陣での二見宏志のクリアをドウグラスが拾うと、ワンタッチで相手のマークをかわしてカウンターを仕掛ける。敵陣を右から駆け上がるドウグラスは、体勢を崩しながらも北川航也にパスを送る。ペナルティエリア内でフリーの北川はこれを受けると冷静にゴールに流し込み、先制に成功する。

1点を追う神戸は後半29分に同点に追い付く。古橋亨梧のロングパスに反応したダビド・ビジャが、相手の前に体を入れてトラップして抜け出す。ペナルティエリア中央でGK西部をかわしたダビド・ビジャは無人のゴールに流し込み、試合を振り出しに戻す。

しかし清水は後半23分にドウグラスのヘディングシュートがネットを揺らし、再びリードを奪う。そのまま試合は2-1で終了し、清水が勝利を収めた。

試合詳細:https://soccer.yahoo.co.jp/jleague/game/2019070602

視聴回数:471,424回

※視聴回数は2020/8/4に集計されたものです。

関連動画

新着動画

映像提供
DAZN™

視聴ランキング

24時間以内の回数を集計