明治安田生命J1リーグ【第10節】大分vs鳥栖 ハイライト

明治安田生命J1リーグ第10節 大分トリニータ vs サガン鳥栖のハイライト。

先制したのはホームの大分。後半3分、左サイドで高山薫がオーバーラップしてきた高畑奎汰へボールを渡す。高畑は左サイドの敵陣深くからゴール前にクロスを供給。これをゴール正面で相手がクリアを試みるもうまくいかず、こぼれ球をオナイウ阿道が押し込んで先制に成功する。

さらに大分は後半15分に追加点を獲得。自陣からのパスを起点に攻撃を展開し、右サイドの岩田智輝にボールが渡る。岩田は右サイドクロスを供給すると、ニアサイドでDFが頭で触れてコースが変わり、このボールを小塚和季がヘディングシュート。ボールはネットを揺らし、リードを2点に広げる。

その後はスコアは動かず試合は2-0で終了。大分が3試合ぶりに勝利を収めた。

試合詳細:https://soccer.yahoo.co.jp/jleague/game/2019050405

視聴回数:913,016回

※視聴回数は2019/11/19に集計されたものです。

関連動画

新着動画

映像提供
DAZN™

視聴ランキング

24時間以内の回数を集計