明治安田生命J2リーグ【第7節】京都vs山形 ハイライト

明治安田生命J2リーグ第7節 京都サンガF.C. vs モンテディオ山形のハイライト。

ホームの京都は前半5分に決定機を迎える。小屋松知哉がパスを送ると、これに反応したエスクデロ競飛王がダイレクトでペナルティエリア左へ落とす。そこに走り込んだ福岡慎平がシュートを放つが、惜しくも枠の右に外れてビッグチャンスを逃してしまう。

試合が動いたのは0-0で迎えた後半25分。山形の熊本雄太がグラウンダーのクロスを供給する。このボールが流れ、守備に戻った京都DF上夷克典の足をかすめてコースが変わりゴールに吸い込まれる。オウンゴールで先制する。

その後京都はパワープレーで局面の打開を図るも最後まで山形の守備を崩せず、試合は0-1で終了。山形が敵地で3試合ぶりの白星を挙げた。

試合詳細:https://soccer.yahoo.co.jp/jleague/game/2019040306

視聴回数:373,347回

※視聴回数は2019/11/17に集計されたものです。

関連動画

新着動画

映像提供
DAZN™

視聴ランキング

24時間以内の回数を集計