sportsnavi

【NFL2016年第7週】ラスト16秒の逆転劇、レッドスキンズの連勝を止めたライオンズ

現地23日(日)、本拠地フォード・フィールドにワシントン・レッドスキンズを迎えて第7週の試合に臨んだデトロイト・ライオンズはクオーターバック(QB)マシュー・スタッフォードが試合時間残り16秒でワイドレシーバー(WR)アンクワン・ボルディンに18ヤードのタッチダウンパスを通し、20対17の劇的な逆転勝利を収めている。これで今季4勝3敗としたライオンズが3連勝を飾る一方、レッドスキンズ(4勝3敗)は開幕から2連敗した後の連勝が4でストップした。

  • おもしろい
    0
  • 感動した
    0
  • 技あり
    0
総視聴回数:4,814回

関連動画

※総視聴回数は2017/4/29に集計されたものです。