sportsnavi

2018J1参入プレーオフ【2回戦】横浜FCvs東京V ハイライト

J1参入プレーオフ2回戦 横浜FC vs 東京ヴェルディのハイライト。

来週行われるジュビロ磐田とプレーオフを戦うためには、リーグ3位の横浜FCはこのホームゲームを引分け以上でその権利を獲得。一方敵地に乗り込む東京Vは勝利が絶対条件だ。

ゲームは立ち上りからホームの横浜FCが積極的な攻めの姿勢で、東京Vゴールを襲いかかる。前半28分にはイバのヘディングシュートがゴールポストを直撃するなど、惜しい場面を作りだすも、あと一歩のところでゴールが決まらない。

スコアレスのまま試合はアディショナルタイムへ突入。このままで終われば横浜FCが次のラウンドへ進出決定となるが、最後の最後で予想外の結末を迎える。

後半51分、東京VはCKを獲得。時間的にも最後のチャンスでGK上福元直人も攻撃に参加し、敵陣ゴール前に立つ。そしてキッカーの佐藤謙介のクロスに反応したのは、その上福元。絶妙なタイミングでヘディングシュートを放つが、これはGK南雄太がセーブ。しかしそのこぼれ球をドウグラス・ヴィエイラが押し込み、土壇場で東京Vが先制に成功する。

試合はそのまま終わり、勝った東京VはいよいよJ1昇格を懸けて磐田と対戦する。

試合詳細:https://soccer.yahoo.co.jp/jleague/game/2018120209

視聴回数:1,333,840回

※視聴回数は2019/1/20に集計されたものです。

関連動画

新着動画

映像提供
DAZN™

視聴ランキング

24時間以内の回数を集計