明治安田生命J1リーグ【第34節】鹿島vs鳥栖 ハイライト

明治安田生命J1リーグ第34節 鹿島アントラーズ vs サガン鳥栖のハイライト。

ACL出場権獲得を目指す鹿島は、最大で2位に浮上出来る可能性が残されている。対する鳥栖はこの試合を引き分け以上でJ1残留が決まる状況。そんな一戦は立ち上りから鳥栖が攻勢に出る。

前半5分、鳥栖はペナルティエリア手前でFKを獲得。キッカーの小野裕二はゴール右上の際どいコースを狙ったが、ここはGKクォン・スンテの好セーブに阻まれるもCKを獲得。キッカーのクロスを高橋秀人が頭で合わせるが、わずかに枠を外す。

一進一退の攻防が続く中、次第に鹿島がペースを掴み始めるが、引き分けでも残留が決まる鳥栖が必死のディフェンスを見せる。鹿島は後半40分に鈴木優磨が決定機を迎えたが、ヘディングシュートは枠外。結局試合は0-0のスコアレスドローとなり、鹿島はACL出場権を獲得し、鳥栖は残留が決まった。

試合詳細:https://soccer.yahoo.co.jp/jleague/game/2018120102

視聴回数:1,025,673回

※視聴回数は2019/6/26に集計されたものです。

関連動画

新着動画

映像提供
DAZN™

視聴ランキング

24時間以内の回数を集計