sportsnavi

明治安田生命J1リーグ【第33節】仙台vs鹿島 ハイライト

明治安田生命J1リーグ第33節 ベガルタ仙台 vs 鹿島アントラーズのハイライト。

先制したのは鹿島。前半34分、セットプレーの流れから最後は昌子源が右足で蹴り込み、今季初ゴールを決める。前半39分にもセットプレーからチャンスを迎えたが、セルジーニョのヘディングシュートは枠を外す。

鹿島は1点リードで折り返した後半25分、敵陣左サイドでボールを持つレオ・シルバが、追い越す鈴木優磨にパス。鈴木はクロスを選択すると、これに反応した安西幸輝のヘディングシュートがネットを揺らし、鹿島に追加点が入る。

さらに鹿島は後半30分にも追加点。安部裕葵のクロスを相手がクリアするも小さく、それをセルジーニョにダイレクトでシュート。これが決まり、大きな3点目が入る。結局試合はそのまま終わり、鹿島がACL出場権に向けて貴重な勝点3の獲得となった。

試合詳細:https://soccer.yahoo.co.jp/jleague/game/2018112401

視聴回数:42,819回

※視聴回数は2019/3/25に集計されたものです。

関連動画

新着動画

映像提供
DAZN™

視聴ランキング

24時間以内の回数を集計