sportsnavi

明治安田生命J1リーグ【第33節】広島vs名古屋 ハイライト

明治安田生命J1リーグ第33節 サンフレッチェ広島 vs 名古屋グランパスのハイライト。

ホーム最終戦の広島は、現役を引退する森崎和幸を勝利で送り出したい。ゲームはその広島が先制する。前半36分、右サイドから和田拓也がクロスを入れると、それに反応したティーラシンがダイビングヘッド。これはGKに阻まれたが、こぼれ球を柏好文が押し込み、待望の先制点。

しかしその3分後、名古屋は左サイドからの小林裕紀のクロスを、ジョーが胸トラップから左足を一閃。ボールはネットを揺らして、名古屋が早々と同点に追い付く。

さらに名古屋は前半44分、小林のゴールで追加点。その後は広島が森崎ら交代カードを全て使い切って反撃に転じたが、最後まで名古屋の堅い守備を崩せず。そのまま試合は終わり、勝った名古屋は自動降格の回避が確定。広島は森崎のホーム最終戦を勝利で飾れなかった。

試合詳細:https://soccer.yahoo.co.jp/jleague/game/2018112408

視聴回数:242,510回

※視聴回数は2019/1/15に集計されたものです。

関連動画

新着動画

映像提供
DAZN™

視聴ランキング

24時間以内の回数を集計