明治安田生命J1リーグ【第33節】鳥栖vs横浜FM ハイライト

明治安田生命J1リーグ第33節 サガン鳥栖 vs 横浜F・マリノスのハイライト。

試合は立ち上りから鳥栖のペースで進んだが、先制点は横浜FM。前半29分、仲川輝人からボールを受けた大津祐樹がゴール前に送ると、それに反応した伊藤翔がシュート。これがネットを揺らし、アウェイチームがリードを奪う。

しかし鳥栖は後半24分、福田晃斗のクロスがイッペイ・シノヅカの手に当たり、ハンドの判定でPKを獲得。これをキッカーの金崎夢生が確実に決めて同点に追い付く。

勢いに乗った鳥栖は後半33分、高橋祐治からのボールを金崎がトーレスへとつなぐ。パスを受けたトーレスは相手をかわして右足を振り抜くと、ボールはゴール左に吸い込まれ、鳥栖が逆転に成功。試合はそのまま終わり、勝った鳥栖は自動降格の回避が確定。残留に向けて次節鹿島との最終戦に臨む。

試合詳細:https://soccer.yahoo.co.jp/jleague/game/2018112409

視聴回数:334,936回

※視聴回数は2019/6/26に集計されたものです。

関連動画

新着動画

映像提供
DAZN™

視聴ランキング

24時間以内の回数を集計