sportsnavi

【ジャパンC】ガンコ・中村周平助手 頑固な粘り

【ジャパンカップ(日曜=25日、東京芝2400メートル)】前走のアルゼンチン共和国杯(6着)は超スローの瞬発力勝負になってしまい、持ち味がまったく生きなかったガンコ。走り切っていないだけに疲れもなく、この中間も元気いっぱいなところを見せている。

 GI特有のタイトな流れになったとき、この馬のしぶとさが威力を発揮するはず。担当の中村周平助手もそれを願っている(14日撮影)。

視聴回数:648,889回

※視聴回数は2019/4/24に集計されたものです。

関連動画