千葉ロッテが21安打18得点で快勝 田村龍弘は3安打6打点【7/10 試合結果】

パ・リーグインサイト
チーム・協会

千葉ロッテマリーンズ・田村龍弘選手 【(C)パーソル パ・リーグTV】

 7月10日、ZOZOマリンスタジアムで行われた千葉ロッテと東北楽天の第13回戦は、18対5で千葉ロッテが勝利した。

 先発の石川歩投手は初回、四球と安打で無死1、3塁から、内野ゴロの間に先制を許す。打線は直後の1回裏、先頭・高部瑛斗選手が二塁打で出塁すると、小川龍成選手のバントヒットに敵失策が絡み、同点に追い付いた。なおも無死1、2塁から、ソト選手の適時打で勝ち越すと、ポランコ選手、角中勝也選手に連続適時打が生まれ、スコアは4対1に。さらに田村龍弘選手、藤原恭大選手が2点適時打を放ち、この回8得点を挙げた。

 4回裏には、ポランコ選手、角中選手の連打と中村選手の四球で無死満塁とすると、田村選手の3点適時二塁打、ソト選手の2点適時打などで、リードは13点に。6回表に石川投手が犠飛で1点を失うも、直後の6回裏にソト選手、和田康士朗選手の適時打などで4点を追加。

 2番手・廣畑敦也が7回裏に2点、8回裏に1点を失ったが、大差は変わらず、18対5で試合終了。石川投手が6回89球7安打1四球2奪三振2失点で今季2勝目。田村選手が3安打6打点、ソト選手が3安打4打点など、今季最多の21安打18得点で快勝となった。廣畑投手はプロ初セーブをマークしている。

 一方敗れた東北楽天は、先発・松井友飛投手が0.0回43球8安打1四球8失点(自責点7)、以降も救援陣が10失点。打線は13安打5得点も、反撃及ばず大敗となった。なお、中島大輔選手、山田遥楓選手、村林一輝選手が2安打を記録している。

  123456789 計
楽 100001210 5
ロ 80060400X 18

楽 ●松井友飛-櫻井周斗‐津留崎大成‐弓削隼人‐ターリー
ロ ○石川歩-S廣畑敦也

文・西嶋葵
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

「パ・リーグインサイト」は、ニュース、ゲームレビュー、選手情報、スポーツビジネスなど、パシフィックリーグ6球団にまつわる様々な情報を展開する、リーグ公式ウェブマガジンです。「パーソル パ・リーグTV」を運営する、パシフィックリーグマーケティング株式会社が運営しています。

新着記事

編集部ピックアップ

おすすめ記事(Doスポーツ)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント