マルティネスが勝ち越しの9号3ラン! 北海道日本ハムがカード勝ち越し【7/10 試合結果】

パ・リーグインサイト
チーム・協会

北海道日本ハムファイターズ・マルティネス選手 【(C)パーソル パ・リーグTV】

 7月10日、ベルーナドームで行われた埼玉西武と北海道日本ハムの第11回戦は、6対1で北海道日本ハムが勝利した。

 北海道日本ハムの先発・金村尚真投手は1回裏、源田壮亮選手の二塁打を浴びると、続く西川愛也選手の適時打で先制を許す。しかし以降は、走者を出しながらも粘りの投球を披露。5回裏、6回裏はそれぞれ3者凡退に抑えるなど、尻上がりに調子を上げ、7回112球5安打3四球6奪三振3四球1失点でマウンドを降りた。

 金村投手の好投に応えたい打線だったが、先発・青山美夏人投手の前に度々チャンスを作りながらも、得点に結びつけることができず。それでも7回表、レイエス選手の内野安打などで1死1、3塁とし、郡司裕也選手の犠打で試合を振り出しに戻す。8回表には、万波中正選手の安打や四球などで1死1、2塁の好機を演出すると、続くマルティネス選手の打球はレフトスタンドへ。9号3ランで勝ち越しに成功し、スコアを4対1とした。

 さらに9回表、上川畑大悟選手、松本剛選手の連打や四球などで2死満塁とすると、清宮幸太郎選手の適時打に敵失が絡み、2点を追加。5点リードで迎えた最終9回裏は、池田隆英投手が無失点で試合を締めた。勝利した北海道日本ハムは、先発・金村投手が今季3勝目をマーク。打線は、万波選手と上川畑選手が2安打を放っている。

 一方敗れた埼玉西武は、先発・青山投手が6.1回91球3安打2四球4奪三振1失点の粘投。打線は、好機であと一本が出ず、初回以降得点することができなかった。

  123456789 計
日 000000132 6
西 100000000 1

日 ○金村尚真-杉浦稔大‐池田隆英
西 青山美夏人-ヤン‐●本田圭佑‐田村伊知郎

文・本田真由
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

「パ・リーグインサイト」は、ニュース、ゲームレビュー、選手情報、スポーツビジネスなど、パシフィックリーグ6球団にまつわる様々な情報を展開する、リーグ公式ウェブマガジンです。「パーソル パ・リーグTV」を運営する、パシフィックリーグマーケティング株式会社が運営しています。

新着記事

編集部ピックアップ

おすすめ記事(Doスポーツ)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント