<国内男子ゴルフ>ホストプロ・丸山ショーンの挑戦「ラストチャンスと思ってやっている」

日本ゴルフツアー機構 (JGTO)
チーム・協会

【大改造中です】

■Be a Game Changer 夏のゴルフェス!「長嶋茂雄INVITATIONALセガサミーカップゴルフトーナメント」7月11日ー14日/ザ・ノースカントリーゴルフクラブ (北海道千歳市)予選R 7178yard・par72/決勝R 7045yard・par71

※リンク先は外部サイトの場合があります

一昨年大会でのプロ転向から3年目。
丸山茂樹の長男、ショーンこと奨王(しょうおう)が、一念発起の大改革に取り組んでいる。

今年1月に、コーチ契約を結んだ堀尾研仁さんと始めたスイング改造は、「アドレスも、テイクバックも、トップもダウンスイングも、体の使い方も、体重移動の仕方も。何をと聞かれても、まとめられないくらい。20年近くゴルフをやってきた中で、ついてしまった悪い癖をいちからやり直しています」という大掛かりなもの。

当然、時間はかかるし、容易ではない。
「まだ半分も行ってません。ショットが曲がるのが怖くて寝れないときもあります。メンタルも大変ですけど、今までと同じことをやっていてはだめ。何かを変えなくてはいけない」と、覚悟がにじむ。

アメリカの名門UCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)2年時に、左手首の手術に踏み切った影響もあり、昨年のQTはセカンド敗退。

今年こそファイナル進出を見据え、「ラストチャンスと思っています」と、背水の陣を敷く。

「やらないで後悔するより、一生懸命やってみてダメならしょうがない。怖いですけど、やってみなくちゃわからない」という息子の並々ならぬ決意を、国内10勝、米3勝を誇る父・茂樹も、応援してくれているという。

サポート契約を結ぶセガサミーホールディングスが主催する本大会は、2018年の初出場から2年連続アマで出て、2022年のプロ転向からなら3年連続、5度目の出場。

「コースはわかるけど、球のゆくえがわからないから恐怖しかない」と、まだ定まらないスイング改造には苦笑をするが、「せっかくいただいたチャンス。とにかくやりきるしかない。今度こそ、予選通過で恩返しがしたい」と、ホスト試合で初の決勝進出にむけて切実だ。

先月6月には元気の出る吉報も舞い込んだ。

幼少期から共にアメリカで学んできた2つ上の大西魁斗(おおにし・かいと)が、米二部ツアーで優勝。

「本当にうれしくて…。仲間が頑張っているので僕も頑張らなくちゃと思います」。
ショーンも一生懸命だ。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

一般社団法人日本ゴルフツアー機構(JGTO)が運営する公式サイトです。 男子プロゴルフツアーの大会スケジュールや試合のLIVE速報、試合結果、選手のランキングデータの情報はもちろん、各試合の最新ニュースやトピックス等をお届けします。

新着記事

編集部ピックアップ

おすすめ記事(Doスポーツ)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント