武田翔太が今季初先発&初勝利! 打線も15安打9得点で鷹が快勝【8/6 試合結果】

パ・リーグインサイト
チーム・協会

【(C)パーソル パ・リーグTV】

 8月6日、PayPayドームで行われた福岡ソフトバンクと東北楽天の第14回戦は、9対1で福岡ソフトバンクが勝利した。

 福岡ソフトバンクの先発は武田翔太投手。初回の立ち上がりを無失点に抑えると、その後は大きく曲がるカーブと力強い直球を組み合わせ、3回まで相手打線につけ入る隙を与えない。

 打線は3回裏、周東佑京選手の四球と盗塁で2死2塁から、川瀬晃選手がレフトの頭を超える適時二塁打を放ち、先制に成功した。4回表に武田投手が島内宏明選手の適時打で同点に追い付かれたが、打線が5回裏に松田宣浩選手、甲斐拓也選手の連打などで1死満塁の好機から、川瀬選手の犠飛で勝ち越しに成功。なおも2死1、2塁の好機で牧原大成選手、柳田悠岐選手が連続適時打を放ち2点を追加した。

 さらに7回裏にも1死満塁から中村晃選手、柳町選手の連続適時打などで3点を追加。8回裏にも谷川原健太選手の適時打などで2点を追加した。武田投手は今季初勝利へ好投を続け、6.0回109球3安打2四球8奪三振1失点の内容で勝利投手の権利を持って降板した。

 以降は7回表途中から嘉弥真新也投手が、8回表を甲斐野央投手がそれぞれ無失点でつなぐと、9回表は板東湧梧投手が締めて9対1で試合終了。今季初先発の武田投手が今季初白星、打っては牧原選手が3安打、チーム全体でも15安打と打線が好調だった。

 一方敗れた東北楽天は、先発の田中将大投手が6回117球9安打2四球8奪三振4失点と踏ん張り切れず。打線もわずか3安打1得点にとどまった。

  123456789 計
楽 000100000 1
ソ 00103032X 9

楽 ●田中将大-石橋良太-津留崎大成
ソ ○武田翔太-嘉弥真新也-甲斐野央‐板東湧梧

文・鈴木竜雅
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

パ・リーグインサイト

「パ・リーグインサイト」は、ニュース、ゲームレビュー、選手情報、スポーツビジネスなど、パシフィックリーグ6球団にまつわる様々な情報を展開する、リーグ公式ウェブマガジンです。「パーソル パ・リーグTV」を運営する、パシフィックリーグマーケティング株式会社が運営しています。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

新着公式情報

公式情報一覧を見る

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント