東晃平が5.1回1失点でプロ初勝利! 投打がかみ合ったオリックスが連勝【8/6 試合結果】

パ・リーグインサイト
チーム・協会

【(C)パーソル パ・リーグTV】

 8月6日、京セラドーム大阪で行われたオリックスと北海道日本ハムの第18回戦は、3対1でオリックスが勝利した。

 オリックスの先発は、今季2試合目の登板となる東晃平投手。初回に安打と四球で2死1、2塁のピンチを招くと、今川優馬選手に適時二塁打を浴び、先制を許す。しかしリードをもらった2回以降は、粘りの投球を披露。5回表には2死3塁とされるも、後続を打ち取り無失点で切り抜け、6回表に1死をとったところで、救援陣に後を託した。

 一方の打線は1回裏、福田周平選手の安打と盗塁で、2死2塁の好機をつくる。ここで、吉田正尚選手が速球をはじき返すと、打球はレフトスタンドへ。12号2ランで2対1とすぐさま逆転に成功する。

 初回以降得点が奪えない打線だったが7回裏、2死から福田選手、中川圭太選手の連打で1、3塁のチャンスをつくる。すると続く吉田正選手の適時二塁打で1点を追加し、3対1と2点のリードを得た。

 後を託された救援陣は、6回途中から比嘉幹貴投手が登板。危なげない投球で打者2人を打ち取ると、7回表を近藤大亮投手、8回表を阿部翔太投手が無失点でつなぐ。最終9回表は、本田仁海投手がマウンドへ上がると、1死満塁のピンチを招くもリードを守って試合を締めた。

 勝利したオリックスは先発の東晃平投手が力投。5.1回75球5安打2四球2奪三振1失点でプロ初勝利を手にした。打っては、吉田正選手が2安打1本塁打3打点の活躍。この試合の全打点をたたきだす活躍で、打線をけん引した。

 一方敗れた北海道日本ハムは、先発の田中瑛斗投手が試合をつくれず。打線も初回の1得点のみと、つながりを欠いた。3番手・メネズ投手が1イニングを3者凡退に抑える好投を披露。郡拓也選手が2安打の活躍だった。

  123456789 計
日 100000000 1
オ 20000010X 3

日 ●田中瑛斗-古川侑利-メネズ-吉田輝星-宮西尚生-北浦竜次
オ ○東晃平-比嘉幹貴-近藤大亮-阿部翔太-S本田仁海

文・谷島弘紀
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

パ・リーグインサイト

「パ・リーグインサイト」は、ニュース、ゲームレビュー、選手情報、スポーツビジネスなど、パシフィックリーグ6球団にまつわる様々な情報を展開する、リーグ公式ウェブマガジンです。「パーソル パ・リーグTV」を運営する、パシフィックリーグマーケティング株式会社が運営しています。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

新着公式情報

公式情報一覧を見る

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント