田中瑛斗がプロ初勝利! 清宮幸太郎の10号ソロなど7得点で北海道日本ハムが快勝【7/7 試合結果】

パ・リーグインサイト
チーム・協会

【(C)パーソル パ・リーグTV】

 7月7日、ZOZOマリンスタジアムで行われた千葉ロッテと北海道日本ハムの第12回戦は、7対1で北海道日本ハムが勝利した。

 北海道日本ハムの先発は田中瑛斗投手。2019年以来となる一軍のマウンドも、ブランクを感じさせない落ち着いた投球で、相手打線を打ち取っていく。2回裏には、山口航輝選手に7号ソロを浴びるも、失った得点はこの1点のみ。併殺などで要所を締めて6回を投げ切り、77球4安打4奪三振4四死球1失点の内容で救援陣に後を託す。

 一方の打線は2回表、清宮幸太郎選手に10号ソロが生まれ、先制に成功する。同点で迎えた3回表には、四球で走者を置くと、近藤健介選手が適時二塁打を放ち、2対1と勝ち越しに成功。さらに松本剛選手の適時打で1点を追加した。

 打線は中盤以降も得点を重ねる。5回表には、四球と安打で無死1、2塁の好機をつくると、杉谷拳士選手がバスターを成功させ、2塁走者が一気に生還。4対1と点差を広げると、2死2塁から野村佑希選手に適時打が生まれ、5対1に。7回表には松本剛選手の適時三塁打、郡拓也選手の適時打でさらに2点を追加した。

 後を託された救援陣は、7回裏をロドリゲス投手、8回裏を福田俊投手が無失点に抑えると、最終9回裏は吉田輝星投手がマウンドへ。走者を出しながらも無失点に抑え、試合を締めた。

 勝利した北海道日本ハムは、11安打7得点と打線が爆発。先発全員安打を達成し、松本剛選手が3安打2打点の活躍。清宮選手は10号ソロを放ち、自身初の2桁本塁打に到達した。投げては田中投手が好投。先発としての役割を十分に果たし、3年ぶりとなる1軍のマウンドで、プロ初勝利を手にした。

 敗れた千葉ロッテは、山口選手の7号ソロによる1得点のみと打線が沈黙。先発の佐藤奨真投手が5.2回8安打3四球5失点と試合をつくれなかった。4番手で登板した八木彬投手は、1イニングを3者凡退に抑える好投を披露した。

  123456789 計
日 012020200 7
ロ 010000000 1

日 ○田中瑛斗-ロドリゲス-福田俊-吉田輝星
ロ ●佐藤奨真-小沼健太-佐々木千隼-八木彬

文・谷島弘紀
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

パ・リーグインサイト

「パ・リーグインサイト」は、ニュース、ゲームレビュー、選手情報、スポーツビジネスなど、パシフィックリーグ6球団にまつわる様々な情報を展開する、リーグ公式ウェブマガジンです。「パーソル パ・リーグTV」を運営する、パシフィックリーグマーケティング株式会社が運営しています。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

新着公式情報

公式情報一覧を見る

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント