アスレティック新監督、グリーズマン残留:ラ・リーガ・ニュース

ラ・リーガ公式
チーム・協会

【(C)LaLiga】

アスレティック新監督はバルベルデ

アスレティック・クルブがエルネスト・バルベルデ監督の就任を発表した。58歳のバスク人指揮官は2003〜05年、2013〜17年にかけてもアスレティックを率いており、今回が3度目の就任。ラ・リーガ・サンタンデールでは2017〜20年にバルセロナを率い、2度のリーグタイトルを獲得して以来の指揮となる。

【© Athletic Club】

ホセル、エスパニョールへ

エスパニョールがホセルを獲得した。昨季は降格したアラベスで孤軍奮闘し、14ゴールを記録。これまでラ・リーガ・サンタンデールで131試合に出場し、42ゴールを挙げてきた大型ストライカーは、新たな得点源としての活躍が期待される。

【© RCD Espanyol de Barcelona SAD】

グリーズマン、アトレティコ残留

昨夏にバルセロナからアトレティコ・マドリーへレンタル移籍していたアントワーヌ・グリーズマンが今季もアトレティコでプレーすることが決まった。昨季のラ・リーガ・サンタンデールでは出場26試合で3ゴールにとどまっただけに、新シーズンは本領発揮が期待される。

【(C)LaLiga】

ベティス、ルイス・エンリキ獲得

ベティスがブラジル期待の若手FWルイス・エンリキを完全移籍で獲得した。フルミネンセから来た21歳は右サイドを主戦場とする左利きのサイドアタッカーで、U20ブラジル代表でのプレー経験を持つ。

【© REAL BETIS BALOMPIÉ】

2人のGKが国内移籍

2人のベテランGKが新天地へと移籍した。エスパニョールを退団したディエゴ・ロペスはラージョ・バジェカーノと1年契約を締結。アイトール・フェルナンデスは降格したレバンテからオサスナへと完全移籍した。

【© Rayo Vallecano de Madrid SAD】

【© Club Atlético Osasuna】

パストーレと契約更新

ハビエル・パストーレが来季もラ・リーガ・サンタンデールでプレーすることが決まった。アルゼンチン代表として29キャップを持つクリエイティブなMFは、エルチェとの契約を2023年6月まで更新。昨季は怪我もあり継続的にプレーできなかったが、加入2年目の今季は全盛期の輝きを取り戻すことができるだろうか。

【© Elche CF】

ペレ・ミジャも残留

パストーレの残留に続き、エルチェがペレ・ミジャとの契約更新を発表した。昨季のラ・リーガ・サンタンデールではチームトップの8ゴールを記録。今季も攻撃の中心として、チームの残留に貢献することが期待される。

【© Elche CF】

サルビ、ラージョへ

ラージョがサルビ・サンチェスを獲得した。31歳のベテランアタッカーは昨季まで7シーズンにわたって地元カディスでプレー。セグンダB(3部相当)からラ・リーガ・サンタンデールへの昇格に貢献し、昨季終了後に契約満了で退団していた。

【© Rayo Vallecano de Madrid SAD】

ヘタフェ、セオアネ獲得

ヘタフェはウエスカからMFハイメ・セオアネを獲得。レアル・ソシエダから加入したポルトゥに続き、今夏2人目の新戦力となった。

【© GETAFE C.F. S.A.D.】

新たなフットボールミュージアムが誕生

マドリーのプエルタ・デル・ソル(ソル広場)を見下ろす4200平方メートル超のビルに、ユニフォームやスパイク、トロフィーなど600以上のコレクションを有するフットボールミュージアム「LEGENDS - The Home of Football」が誕生した。同ミュージアムはラ・リーガとUEFA、マドリー市の協力の下、2022年末のオープンが予定されている。

【(C)LaLiga】

  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

ラ・リーガ公式

ラ・リーガ公式サイトです。最新ニュース、各クラブの情報やデータをご覧ください。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

新着公式情報

公式情報一覧を見る

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント