森友哉の決勝打で埼玉西武が2戦連続延長戦を制す!【7/6 試合結果】

パ・リーグインサイト
チーム・協会

【(C)パーソル パ・リーグTV】

 7月6日、京セラドーム大阪で行われたオリックスと埼玉西武の第14回戦は、5対4で埼玉西武が勝利。2試合連続の延長戦を制した。

 埼玉西武の先発は平井克典投手。2回裏に杉本裕太郎選手の10号ソロを許して失点するが、以降はストライク先行の投球で試合をつくる。平井投手は5回81球5安打1四球1奪三振1失点の内容で降板した。

 打線は4回表、中村剛也選手が失策で出塁すると、外崎修汰選手が安打で続きチャンスを拡大。無死1、3塁から高木渉選手が犠飛を放ち、同点に追い付く。さらに6回表に、山川穂高選手の25号ソロで勝ち越しに成功した。

 投手陣は6回裏から本田圭佑投手が登板。2死3塁のピンチを招くと、マッカーシー選手に適時二塁打を許し、同点に追い付かれる。しかし7回表、源田壮亮選手の安打などで1死満塁とすると、山川選手の打席でオリックスの3番手・黒木優太投手が暴投。意外な形で再び勝ち越した。

 7回裏のマウンドには水上由伸投手が上がり、大城滉二選手に二塁打を許してピンチを迎えるが、後続を打ち取り無失点で切り抜ける。すると8回表、2死2塁から愛斗選手が適時打を放ち、貴重な追加点を挙げた。

 しかし8回裏、平良海馬投手が吉田正尚選手に8号同点2ランを許して試合は再び振り出しに。9回は両チームのクローザーが無失点に抑えて、2試合連続の延長戦に突入する。

 すると11回表、先頭の源田選手が三塁打でチャンスメイクすると、森友哉選手が適時打を放ちリードを奪う。投手陣は10回途中から登板していた佐々木健投手が11回裏も続投。マッカーシー選手から始まる攻撃を3者凡退に抑えて試合を制した。

 勝利した埼玉西武は、辻発彦監督が監督通算400勝を達成。森選手が貴重な勝ち越し打を含む2安打で6試合連続安打、好リリーフの佐々木投手が今季2勝目を挙げた。一方の敗れたオリックスは、杉本選手と吉田正選手が本塁打を放つも、リリーフ陣が粘れなかった。

  1234567891011計
西 00010111001 5
オ 01000102000 4

西 平井克典-本田圭佑-水上由伸-平良海馬-増田達至-森脇亮介-○佐々木健
オ ワゲスパック-K-鈴木-黒木優太-能見篤史-平野佳寿-阿部翔太-●近藤大亮

文・木村圭
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

パ・リーグインサイト

「パ・リーグインサイト」は、ニュース、ゲームレビュー、選手情報、スポーツビジネスなど、パシフィックリーグ6球団にまつわる様々な情報を展開する、リーグ公式ウェブマガジンです。「パーソル パ・リーグTV」を運営する、パシフィックリーグマーケティング株式会社が運営しています。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

新着公式情報

公式情報一覧を見る

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント